未分類

愛用パソコンが水濡れしたので手放しました。

それは紛れもない不注意でした……。
パソコン利用中に飲み物を飲んでいた時です。手が滑りました。
プスン、なんて猫みたいな音とともに画面が消え、電源が落ちました。
何が起こったのか分からなくて、すぐには立ち直れなかったんですが
しかしすぐに把握しました。というよりせざるを得ない状況でした。
いろんな考えが巡った中で優先順位を決めるのは大変でした。

私が行ったのは以下の二点。

・直ちにパソコンから水気を取る
 ノートパソコンだったのですが、すぐに水浸しから引き揚げまして、
 拭きとれる表面の水気を取りました。
 通気するようになっているんですね。それとも勘違いかもしれませんが、
 ノートパソコンの下にも広がっていました。
 
・電気コードは抜く(パソコン、コンセント共に)
 何となく危ない気がしました。水が触れていないことを確認しました。
 
とにかく目標は「このパソコンの中にある大事なファイルは確保せねば」でした。
そのために「電源が入る状態にまで回復」させることが必要で、
「次はないので新たなパソコンが必要だ」というところに至りました。

新しいパソコンは翌日のうちに買いました。
(使えない間、何もできないのはやはり辛いので)
古いパソコンはもう五年以上使っているので、
どちらにしろ既に買い替え時期を迎えています。
こちらは買い取りに出すことにしました。

濡れてしまったパソコンは一週間、換気の良いところにおいて様子を見ました。
その間に新しいパソコンの方の初期設定とかとかを進めて……。
クラウドのストレージをレンタル。Dropboxを選びました。
今後も便利そうだし。

次いで、買い取りしてもらえるお店を探します。
必要な手順やものを確認しました。
でもリストアCDはどうやっても見つからず。
これで半額確定。
買い取ってもらう場合、このリストアCDの有無が重要なカギです。
あと見た目が綺麗かどうか。
汚れが散見されたので、今までの感謝とお別れの気持ちを込めて拭き掃除。

そして満を持して水濡れパソコンを起動。
無事に起ち上がり、データファイルはDropboxへ。
その後、初期化。なんとも寂しい気持ちになりましたが、
買い取り額に思い出補正は乗りませんからね。

日程を確認して買い取り店舗に持ち込みました。
その額、\3,000届かず。
でも良いんです。パソコンは本来、処分にお金がかかるものなので。
この事故がきっと良い機会だったと思うことにします。