未分類

ガソリン車から今後は電気自動車が主流になってくるのでしょう。

 

現在、利用されている自動車のほとんどはガソリンで動くようになっていると思わせていただきます。

そのためガソリンスタンドの店舗数も、電気自動車の充電スポットよりもはるかに多く、ガソリンスタンドのほうがいろんなところで見かけさせていただきます。

しかしながら、ガソリンは地球上では限りある資源ということを学生時代でも学びました。

石油がいつかは無くなる可能性もあるということになります。

また、ガソリン代も日々更新され、急激に高騰するときも頻繁にございます。

排気ガスでの大気汚染問題も深刻ですので地球の環境に悪影響を及ぼします。

そういった問題もあり、今後は電気自動車の開発をしていかなければならないと自動車メーカー様も考えておられます。

地球環境にも配慮されてとても魅力的な電気自動車ですが、現在の自動車メーカー様の発売状況はまだまだ少ないのではないかと感じさせていただきます。

また、現在発売されております電気自動車などにおいて、改善していただきたい点もたくさんあると思わせていただきます。

ガソリンスタンドの店舗数に近い充電スポット店舗数の確保、電気自動車の充電時間の短縮、1回の充電での走行距離の拡大、電気自動車の本体価格など、まだまだ課題が多いと思わせていただきます。

子供のおもちゃで、ソーラーパネルを装着させて太陽光発電で走る車を見たことがございますが、このような技術が実際の電気自動車でも実現できれば理想的ではないかと考えさせていただきます。

走行しながら太陽光発電で充電できれば、走行距離も長くなるのではないかと思わせていただきます。

ボンネットを太陽光パネルにするとなると、衝突時の安全確保など困難な課題が予想されますので、新技術の開発が欠かせません。

日本にも一流の自動車メーカー様がたくさんございますので、今後、電気自動車にかかわる新技術の開発を早期にしていただくことを期待させていただきます。